副作用 | 正しい育毛剤の効果を発揮するための知識と方法

正しい育毛剤の効果を発揮するための知識と方法

副作用

育毛剤の注意点の1つとして、副作用があります。一般的には、重大な副作用は無いのですが、抜け毛や頭痛、めまい、むくみ、などの副作用が起こることもあります。
育毛剤の種類の中には、副作用を起こしやすいのもあります。ミノキシジルが配合されている医薬品育毛剤の場合は、他の育毛剤よりもリスクが高まります。
用法用量を守ることで、そのリスクを下げることができます。

育毛剤を使いはじめると、初期脱毛という副作用が起こることがあります。利用した人全員が起こるわけではなく、一定数の人に、抜け毛の症状が出ます。
抜け毛の症状は、初期症状の副作用ですから、毛が抜け続けるわけではなく、使用していたら生えてきますし、抜け毛の量も減少していきます。
ミノキシジルが配合されている育毛剤を使用した場合は、利用者の数パーセントの人が、顔の発汗、頭皮の湿疹などが出ることがあります。
なぜこのような副作用が起こるかというと、ミノキシジルは血管拡張作用があるからです。
また、その他にも、ミノキシジルは血圧を下げる効果があるので、低血圧の人は使用する際に注意が必要です。
発汗や湿疹の他にも、頭痛やめまい、吐き気などの体調不良の副作用が起こることもあります。これもミノキシジルの血管拡張作用が原因で起こる副作用です。
医療機関で処方される医薬品や、医薬部外品よりも効果が高いので、副作用が起こるリスクも高いです。
このような症状が出た場合は、使用するのを中止して、医師に相談した方が良いです。